借金 学んだ事

借金したからこそ学んだ事

簡単にお金が借りられることは便利な事でもありますが、それはあくまでも借金で、自分のお金ではないという意識を忘れてはいけません。銀行の自分の口座からお金を引き出すのと同じ要領なので、キャッシング利用限度額が、自分の銀行口座の残高と同じように思えてくる事が一番危険だと思います。

 

自分はこんなにも仕事を一生懸命しているのに急量が少ないのにやめる勇気がなくて、借金をつくって、もっと割りの良い仕事に就こう!そのために私は欲しいものは借金しても今は手に入れたい。きっかけは1万円2万円と少しずつだったのですが、それがあまりの気軽さに、このお金をかりていくらの利息が付くか。無駄にお金を支払っているのかと考えることなく、キャッシングしていました。気づけば3年で100万円。クレジットカード3枚と銀行のカードローンから借りました。結局毎月利子しか払っていないことに気づいて、今までのキャッシングにたいしての利子を計算して、なんて無駄なお金を支払っていたのか目からうろこ状態。生活するうえで何に最低限お金が必要か。

 

無駄なものなのは何なのか。一日でも早く借金を返済して、支払う利子を減らそうと努力し、1年半で100万円の返済に成功。その後も借金することはなく、収入は当時よりも激減したにもかかわらず、貯蓄でできる体質に改善する事ができました。

 

100万円のキャッシング返済に支払った利子は今でも考えると恐ろしいですが、今貯蓄体質に改善できた安い授業料だったと思うようにしています。

私が借金をするようになったわけは、洋服や、美容、そして外食をたくさんすると言った、いわゆる散財によるものです。毎月の給料ではクレジットの返済が追いつかないため、ボーナス払いでなんとかしのいでいたものの、そのボーナスをさらに別の散財につかってしまい、ついにはキャッシングに手を出してしまったのです。

 

対面でお金を借りるわけでもなく、ATMからお金を借りられるのを知ってしまったあとは、「キャッシングで借りられるお金も、自分の財産の1つ」などど、完全に考え方が自分に都合の良いように変わってしまいました。あれよあれよと借金はかさみ、最大200万円以上は借りました。ある時我に帰り、このままではいけないと、家賃の安いところに引っ越したり、外食は極力しない等、あたりまえのことをして返済増額に向けてがんばりました。あれから数年たち、地道に返済している借金は残すところ10万円を切りました。借金0が当たり前で、これからは少しでも多く貯金できるようにしたいです。

続きを読む≫ 2014/06/28 09:46:28

私の義母は市営アパートで一人暮らしをしています。ちょっとわがままで、頑固なところがあり、子供たちも手を焼いていました。そんな義母ですが、何とか一人で暮らしていたのですが、団地の中での付き合いが少し増えました。お茶友達程度ならよかったのですが、お金を貸しているような話が出てきました。詳しく話を聞くと、無料の商品を配る会場に連れていかれて、価値のない高級布団を購入させられたのです。そのあとちょくちょく、義母の家にあがりこみ、お金をせびるようになったようです。

 

お茶飲み友達だと信用してうまくだまされた格好です。近所の民生委員さんに話を聞いたところ、同じような被害にあわれている方が多数いて、注意するように呼びかけているそうでした。

 

義母は連帯保証人にもなっていて、その督促が頻繁に来るようになりました。金額が数百万のため肩代わりすることができずに、義母には自己破産してもらいました。現在は生活保護を受け、以前と変わりなく生活しています。

 

近所付き合いは慎重にするべきですね。

 

続きを読む≫ 2014/06/28 09:45:28

一度苦しい思いをしてからはもう二度と借金なんてするものかと思いますね。

 

 

 

さすがに食事が出来ないほどの借金の経験はありませんが、長めの返済計画なのでいつまでたっても貯金額が増えていきそうもない。

 

若い時だったので年収もさほど高くも無いので余計に辛く感じました。

 

利子の金額を見るとこれだけの金額捨てているのかって感じで一度考えてしまってからは払うのが悔しかったので食費をできる限り抑えて返済を早く終わらせてしまおうと考えていました。

 

その時が一番辛かったですね。昼の弁当はおかず無しでおにぎり生活にしてみたり。飲みに行くのをやめてみたり。

 

ある程度続けるとそういう生活が当たり前になってずいぶんと楽になりましたけど。

 

 

 

返済を終わらせて自分が一番うれしい気持ちを持てたのは引き落とし額が少なくなって貯金されていく速度が上がった時ですかね。

 

家を買うくらい大きい買い物の時はさすがに借金するかもしれませんが、他の物は利子を払う事を考えるとできる限り貯金してそこから現金で払って行きたいですね。

続きを読む≫ 2014/06/28 09:44:28