借金 学んだ事

借金したからこそ学んだ事

簡単にお金が借りられることは便利な事でもありますが、それはあくまでも借金で、自分のお金ではないという意識を忘れてはいけません。銀行の自分の口座からお金を引き出すのと同じ要領なので、キャッシング利用限度額が、自分の銀行口座の残高と同じように思えてくる事が一番危険だと思います。

 

自分はこんなにも仕事を一生懸命しているのに急量が少ないのにやめる勇気がなくて、借金をつくって、もっと割りの良い仕事に就こう!そのために私は欲しいものは借金しても今は手に入れたい。きっかけは1万円2万円と少しずつだったのですが、それがあまりの気軽さに、このお金をかりていくらの利息が付くか。無駄にお金を支払っているのかと考えることなく、キャッシングしていました。気づけば3年で100万円。クレジットカード3枚と銀行のカードローンから借りました。結局毎月利子しか払っていないことに気づいて、今までのキャッシングにたいしての利子を計算して、なんて無駄なお金を支払っていたのか目からうろこ状態。生活するうえで何に最低限お金が必要か。

 

無駄なものなのは何なのか。一日でも早く借金を返済して、支払う利子を減らそうと努力し、1年半で100万円の返済に成功。その後も借金することはなく、収入は当時よりも激減したにもかかわらず、貯蓄でできる体質に改善する事ができました。

 

100万円のキャッシング返済に支払った利子は今でも考えると恐ろしいですが、今貯蓄体質に改善できた安い授業料だったと思うようにしています。

私は現在約200万円の借金を抱えてます。原因は自分の趣味に注ぎ込んだ結果、月々の返済に苦しみ、借金を借金で返すという生活をしてきてこのような額まで膨れ上がってしまいました。正直今生活は苦しいです。いつになったら完済できるか想像もつきません。コマーシャルでよく見る過払い金請求の法律事務所に相談もしましたが、あくまで過払い請求は完済してからではないと出来ないということで、現状はどうすることもできませんでした。今はとにかく月々の出費を最小限に抑えて、できるだけこれ以上借金が増えないようにすることで手一杯といった状況です。

 

 ただ、私は生活こそ苦しいですが、趣味に注ぎ込んで出来た借金なのであまり後悔はしてません。今は売る気はありませんが、売ればお金になるものを集めてきた結果なので、最後の手段としてそれを売ればおそらく半分以上は返せると思います。それに私はこの趣味によってたくさんの友人ができ、それがきっかけで彼女もできました。彼女は私が借金を抱えていることを知っていながら、交際を受けて入れてくれました。そしてこの趣味がとてもお金がかかることも知っています。私のことを理解してくれ、いつもサポートしてくれています。私は将来的には今の彼女と一緒に暮らし、結婚したいと思っています。なのでその為にも、今は自分の生活を落ち着け、そして借金を完済したいと思っています。

 

 正直私のような無計画に借金をして、生活が苦しくなってしまうことはお勧めできませんが、借金をして自分の手に入れたいものを手にすることで、今まで見えなかった世界が見えてきたこともあると思います。私は若いうちに自分が一生かけて没頭できる趣味が見つかったのは、幸運でありお金の面で言うと不運だったのかもしれません。ただ、借金のおかげでいろいろ考えるようになり、いい社会勉強になったかなと思います。これで破産してしまったら元も子もないので、とりあえず今は借金を返すことに専念して、また落ち着いたら今度は借金しないように上手に趣味を続けていきたいと思います。

続きを読む≫ 2014/11/02 08:44:02

もうかれこれ14,5年も前の話ですが、かなりの額の借金を背負ってしまい、会社勤めだったのですが、1日も早く返し終えたい一心でいくつもバイトを掛け持ちしながら、1千万近くあった借金を3年で返済できた時は、飛び上がる程、嬉しかったし、本当に肩が軽くなったのを覚えています。

 

土日はガソリンスタンドにコンビニ、夜中に配送でトラックに乗ったりと今から思えば良く3年もの間、ほぼ休みなく働いて体が持ったなと思いました。当時を振り返るとやっぱり若さというのはもちろんあったのですが、それより何よりも多額の借金で切羽詰まった感が若いなりに結構、重く肩にのしかかっていたのだろうと思います。

 

借金したての頃は、はっきり言ってすごく軽く考えていました。

 

これも若さ故的なところはもちろんあると思うのですが、それよりも借りても返せばいいし、間に合わなければまた借りればいいしという俗にいう自転車操業のドツボにはまりだし、気付いた時にはどこも1円たりとも貸してくれなくなり闇金に手を出す手前で気付く事ができました。

 

本当に気付いて良かったと心から思っています。そこで気づかず闇金に手を出していたら。と考えただけで身の毛もよだつぐらい怖くなります。

 

それ以降は、ほんとに必要な借金、例えば車とか家とか以外はしない様にしています。

 

おまとめローンについても気になったので色々と調べてみたのですが、おまとめローンのデメリットが気になってしまいできませんでした。

続きを読む≫ 2014/11/02 08:43:02

結婚してからカードキャッシングに手を出してしまいました。枠がいっぱいになると別のカードでまたキャッシングして毎月支払っていました。

 

気が付いた時には、カードは8枚になり借りた総額が380万円になってしまいなした。

 

きっかけは、結婚してすぐに夫婦二人名義のマイホームを購入し、小学校4年生の息子がいましたが、二人目は考えていませんでした。

 

新居に引っ越し、これから二人でフルに働いて早く家のローンを返そうと張り切っていた時、二人目が出来ていました。

 

私はゴルフ場でキャディーの仕事をしていましたが、お腹が目立つようになるとお客さんにも迷惑がかかるので退職を余儀なくされました。

 

それからです。支払いをカードでするようになってしまったのは。どうにもならなくなって、弁護士に相談したら、自己破産しかないと言われました。

 

その時に初めて自転車操業という言葉を知りました。自分の考えの甘さに情けなかったです。自己破産だけは何としてでも避けたいと思いました。

 

夫婦で話し合った結果、不動産業を経営している知人にすべて相談しました。私達に今の家を勧めてくれた方です。

 

毎月最低5万円ずつ支払う約束で、出産準備もあるだろうと多目に400万円も貸してくれました。

 

すべてのカード会社にサラ金返済が終わった時に、やっとお腹の赤ちゃんに優しくなれたのを覚えています。

続きを読む≫ 2014/11/02 08:43:02

私は自営業を営むに当たり、設備資金や運転資金の準備のために多額の費用を公的機関より借り入れることに致しました。地方自治体からの借り入れになるわけですが、借り入れが認可されますのには、前年度の納税が前提になっております。この前提をクリアーして、借り入れを現実のものにすることが出来たわけであります。

 

数百万円という金額を借り入れるわけですが、その時に準備しないといけないものに、前述致しました納税に関わりますところの、いわゆる納税証明書がまず必要になります。そして、確定申告書の写しや収支内訳書の写し等が、必須の書類になってくるわけであります。そして更に、一番手間のかかる作業としましては、設備資金の場合、どのような設備を設置する為にいくらの資金が必要かという事の証明に、設備を購入するところより、各設備の見積書を添付する必要がありました。

 

そして、年利1点数%という、一見低金利の楽々返済を予想しておりました。ところが、7年という気の遠くなるような年月にわたる返済には、相当エネルギーを消費する事になりました。借りる金額が多いと、当然月々の返済額も多くなり苦しむ訳ですが、いよいよ最終月になりました時は、非常に嬉しかったです。

続きを読む≫ 2014/11/02 08:42:02

借金返済についてのことですが,はじめに申し上げておきますが私は他人から借金はしたとこはありませんし,ギャンブルもいっさいしません。

 

このたび,私がこの件について書こうと思ったのは私の父方の祖父が連帯保証人になったことの苦しさについて書きたかったからです。

 

私の母と母方の祖母から聞いた話ですが,祖父は優しくて面倒見の良い人だったといいます。その性格が災いしたのだと思います。

 

母や祖母の話では借金で苦しんでいる知人の話を聞いて情に流され連帯保証人になったとのことです。そして,それからは借金返済のために地獄の毎日だったと聞いています。

 

母と祖母は私に言いました「あなたに迷惑をかけないから」と言ってきた者に対しては親でも兄弟でも友達でもはっきりと断れと私に言いました。

 

私は初めてその話を聞かされたのは小学校の6年生の頃です。まだ子供なので連帯保証人とはなんのことかわかりませんでしたが,私が短大生になった時,父から連帯保証人について詳しく教えてもらいました。連帯保証人は証文にハンコを押しただけで他人の借金を返済しなくてはならない日本特有の悪しき制度です。

 

私は借金や保証人に関する単行本を探し買って読みました。それ以降,私は友人と保証人の恐ろしさについて話をするようになりました。

 

そして,私は人からは借金はしないし,人に金は貸さないしギャンブルはしないと誓いました。今でもその誓いはしっかりと守っています。

 

今は,子供に連帯保証人の恐ろしさをしっかりと話しています。祖父は連帯保証人になったばかりに返済に苦労して体調も崩したと父と母から聞きました。

 

続きを読む≫ 2014/11/02 08:42:02

ギャンブルにハマった結果、消費者金融から多額の借金をすることになりました。金額にして80万円です。最初のうちはしっかりと働けば確実に返せるだろうと思っていたのですが、それが大きな間違いでした。消費者金融からお金を借りた場合、必ず年利が付きます。借りた金額に対して付く利率で、これが結構厄介です。

 

元金の返済をしていると思っていたら利率ばかりを返済していて、借金の返済ができていなかったのです。あまり収入がないため、それ以上の返済はできないと思い、すぐに弁護士に相談をしました。相談の結果、計画的に返済する方法を勧められました。これまでお金があれば返済する方法をとっていたのですが、毎月決まった金額を返済するようにしました。

 

その結果、時間が経つにつれ確実に元金が減っていきました。今では借金の額が減り、今年中には返済が完了しそうです。借金のことで困ったことがあったら、まず弁護士に相談するのが一番だとわかりました。

 

借金返済の弁護士費用がきになるかたはこちらにかいてありましたよ。

続きを読む≫ 2014/11/02 08:39:02

私が借金をするようになったわけは、洋服や、美容、そして外食をたくさんすると言った、いわゆる散財によるものです。毎月の給料ではクレジットの返済が追いつかないため、ボーナス払いでなんとかしのいでいたものの、そのボーナスをさらに別の散財につかってしまい、ついにはキャッシングに手を出してしまったのです。

 

対面でお金を借りるわけでもなく、ATMからお金を借りられるのを知ってしまったあとは、「キャッシングで借りられるお金も、自分の財産の1つ」などど、完全に考え方が自分に都合の良いように変わってしまいました。あれよあれよと借金はかさみ、最大200万円以上は借りました。ある時我に帰り、このままではいけないと、家賃の安いところに引っ越したり、外食は極力しない等、あたりまえのことをして返済増額に向けてがんばりました。あれから数年たち、地道に返済している借金は残すところ10万円を切りました。借金0が当たり前で、これからは少しでも多く貯金できるようにしたいです。

続きを読む≫ 2014/06/28 09:46:28

私の義母は市営アパートで一人暮らしをしています。ちょっとわがままで、頑固なところがあり、子供たちも手を焼いていました。そんな義母ですが、何とか一人で暮らしていたのですが、団地の中での付き合いが少し増えました。お茶友達程度ならよかったのですが、お金を貸しているような話が出てきました。詳しく話を聞くと、無料の商品を配る会場に連れていかれて、価値のない高級布団を購入させられたのです。そのあとちょくちょく、義母の家にあがりこみ、お金をせびるようになったようです。

 

お茶飲み友達だと信用してうまくだまされた格好です。近所の民生委員さんに話を聞いたところ、同じような被害にあわれている方が多数いて、注意するように呼びかけているそうでした。

 

義母は連帯保証人にもなっていて、その督促が頻繁に来るようになりました。金額が数百万のため肩代わりすることができずに、義母には自己破産してもらいました。現在は生活保護を受け、以前と変わりなく生活しています。

 

近所付き合いは慎重にするべきですね。

 

続きを読む≫ 2014/06/28 09:45:28

一度苦しい思いをしてからはもう二度と借金なんてするものかと思いますね。

 

 

 

さすがに食事が出来ないほどの借金の経験はありませんが、長めの返済計画なのでいつまでたっても貯金額が増えていきそうもない。

 

若い時だったので年収もさほど高くも無いので余計に辛く感じました。

 

利子の金額を見るとこれだけの金額捨てているのかって感じで一度考えてしまってからは払うのが悔しかったので食費をできる限り抑えて返済を早く終わらせてしまおうと考えていました。

 

その時が一番辛かったですね。昼の弁当はおかず無しでおにぎり生活にしてみたり。飲みに行くのをやめてみたり。

 

ある程度続けるとそういう生活が当たり前になってずいぶんと楽になりましたけど。

 

 

 

返済を終わらせて自分が一番うれしい気持ちを持てたのは引き落とし額が少なくなって貯金されていく速度が上がった時ですかね。

 

家を買うくらい大きい買い物の時はさすがに借金するかもしれませんが、他の物は利子を払う事を考えるとできる限り貯金してそこから現金で払って行きたいですね。

続きを読む≫ 2014/06/28 09:44:28